ネキシウムと善玉菌の乳酸菌でピロリ菌を除菌する

体内には有益となる細菌以外にも、健康を害する細菌がたくさん住み着いています。腸内細菌の中では、乳酸菌は炭水化物などの糖分から乳酸を作ることができる善玉菌として、健康に大きく関係しています。一方で、ピロリ菌は不衛生な水を飲むなどして体内に侵入すると、胃潰瘍など胃腸に疾患をもたらす恐れのある細菌です。ピロリ菌を除菌するには抗生物質が必要です。しかし本来有害な細菌から体を守るために、胃酸が分泌されています。抗生物質を投与しても胃酸の影響で効き目が悪くなってしまいます。そこでネキシウムという薬を併用します。ネキシウムは胃酸の分泌を強く抑制するので、ピロリ菌の除菌を成功させることができます。またピロリ菌は善玉菌の力を借りることで、体に悪影響を与えるのを防げます。それがヨーグルトに豊富に含まれている乳酸菌です。しかし乳酸菌にもたくさんの種類があります。ビフィズス菌やラブレ菌、クレモリス菌など有名な善玉菌が多いですが、ビフィズス菌ではピロリ菌に対してそれほど効果を発揮できません。多くの研究によってピロリ菌対策に適した乳酸菌はLG21だとされます。LG21はラクトバシルズ属で、ビフィズス菌とはまったく異なる属性です。ラクトバシルズ属にはブルガリア菌やカゼイ菌も含まれますが、LG21が出す乳酸がピロリ菌に最も効果的です。LG21は栄養をあまり供給されない環境でも増殖する能力があり、胃の上皮細胞に吸着することができます。よってすぐに消化されず殺菌されにくいピロリ菌と同じくらい強い生命力を持ちます。ネキシウムによって消化されにくい胃の中では、LG21がピロリ菌を殺菌する力がより強まるため体内を快適にすることが可能です。